キャリアが活きる販売職への転職

キャリアが活きる販売職への転職
キャリアが活きる販売職への転職

販売職への転職はキャリアが活きる

大学3回生のとき、就職活動に取り組んでいた私は、将来的な安定を求めすぎたあまり、納得のいく就職を決めることができませんでした。たくさんの人と触れ合うことのできる仕事に憧れを抱いていたものの、最終的に選んだのは一般企業の経理事務の仕事で、ここでは事務所内の人としか関わりを持つことができず、もちろんその顔ぶれも毎日変わることはありませんでした。そんな仕事にやりがいを感じることのできなかった私は、転職をすることに決め、自分らしい仕事を探し直すことに決めました。そこで私が選んだのは、アパレルショップに勤める販売スタッフの仕事です。それも、レディース、メンズ、キッズと、幅広いジャンルのものを取り扱っているショップで、できるだけたくさんのお客様と出会いたいという気持ちを持っていました。そうして転職活動をスタートさせた私は、これには1つだけ自信を持っていることがありました。それは、学生のときに販売のアルバイトをしていたという経験があったということです。アパレルショップではなかったものの、手作りの雑貨屋さんで働いていた経験があり、そこではお客様に対して商品をお勧めすることを当たり前のように行っていました。

そんな私は、このキャリアを転職面接でアピールすることに努めました。アパレルに関しては初心者であっても、販売に関しては経験があり、きっと率先力になることができるという自己アピールをしたのです。そうして私は、希望通りのショップで採用していただけることに決まり、転職活動に成功することができました。実際に販売スタッフとして働いている中で、扱っている商品は違っていても、その商品を理解してお客様にお勧めするという流れに違いはなく、アルバイトの経験を活かすことができていると思います。1度は失敗してしまったと感じた就職でしたが、転職をして希望通りの仕事に就くことができ、転職に踏み切ってよかったと思っています。

お役立ち情報

  • 日経キャリアNETの転職

Copyright (C)2014キャリアが活きる販売職への転職.All rights reserved.